火曜日の風景

プレゼン風景
プレゼン風景

こんにちは

二年の鈴木です。

 

 

第三回目はSeelのミーティング風景をお伝えしていきます。

 

 

Seelは毎週火曜日の授業後に立教大学の会議室で活動しています。

次号の企画を練ったり、制作期間中には進行状況などを情報共有したりと毎週二時間半、みっちり話し合います。

 

 

さてvol.12も発刊されたし、次号は4月の発刊ですので発刊までにかなり時間があいてます。

 

 

 

 

「じゃあその間、何してるの?」

 

 

 

 

もちろんSeelは冬眠なんかしません。ちゃんと水面下で動いてますよー。

 

 

 

というわけで今週はwebに載せるコンテンツの企画プレゼンを全員でしました。

 

 

↓以下、続きを読むからどうぞ

 

 

一年も二年も全員で作っていきます
一年も二年も全員で作っていきます

seelは営業部署もデザイン部署もみんなで企画を作り、原稿をつくっていきます。

 

企画は全員が一人一個ずつやりたい企画を考え、プレゼンをして一番良いものを全員で話し合って決めます。

 

Seelはカルチャーというカテゴリーの中で、毎号一つのテーマを決めて作っています。

そのテーマを決めるのが企画会議。

 

会議にはメンバーの数だけ様々な企画書ができあがってきます。

Seelの活動を決める大事な会議なので緊張はしますが、企画書には一人ひとりの個性が溢れているので、聞いていて楽しいひと時でもあります。

 

 

 

今回も、色々なテーマの企画書が出揃いました。

その中で今回は3つの企画が決まりました!

 

これから、その企画に沿ってwebのコンテンツを作っていきます。

コンテンツはこの冬公開なので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

次回はSeelの要、副代表兼フォトグラファーの加藤がお送りします。

こうご期待~