すぃ〜る

おはようございます、Seel一年の高柳です!

すっかり寒くなってきて、朝がつらいですね~

最近は夜帰るのが遅すぎるので、朝が早い日はオールするようにしてます。

朝起きれなさすぎて、寝るのが怖いんです←

 

軽く自己紹介しますね、

・ニックネームはちゃかだそうです。ちゃらでもギャロ柳でもないです

・社会学部メディア社会学科一年

・Seel営業部所属

・酒を飲んでない時も酒を飲んでるときも酒が飲みたくなります

・地元高尾を愛してやまない、みんな高尾に来なよ。

・店長の無駄な優しさで25を空けてもらい、今からワクワクしています←

 

みんなが自分のSeelに入ることになった動機を話しているので、同じく。

 

新歓時期、僕は友達とただ飲みただ食いが出来るサークルのビラばかりもらい、どこに入るか決めかねていた。

しかし明らかに他のサークルとは違う一枚のビラを受け取り、一目見て、これだと感じた。

それがSeelだった。新歓飲みも食事会の誘いもない、ただのチラシと短編のフリーペーパー。

中を見ると短編にも関わらず、デザイン性の高さ、明らかなカルチャー誌。

また、団体の全体像が読み取れないところになぜか惹かれ、気付けば一人で説明会に足を運んでいた。

周りの友達は放送研究会というメディ社の巣窟に潜り込んでいたのにもかかわらず。

 

説明会後、迷いは確信に変わり、入ることに決めた。

で、今僕は営業をしている。

これからも営業をする。

デザインとは違って形には残らない立場ではあるけれども、

営業をすることで、人の心のつかみ方を知る。社会での礼儀などを知る。

記事広告が完成し、企業に媒体を渡したときに見せてくれた笑顔が忘れられない。僕の心には残っている。

白方署長の笑顔をもう一度見たい。だから僕は営業している。これからも営業をしていく。

 

次の僕らの代になるときまで、先輩達の背中を見ていたいし、Seelをもっと理解していきたいっすね!

全力でやるしかないっしょ!

 

書いてたら、お酒飲みたくなってきたな。あぁお酒!