のぢまーれですん!

どうも、1年営業の野地です。

社会学部メディア社会学科です。

Seelでは浸透してないけど、のぢまーれって呼んでくれると嬉しかったりします^^

 

いきなり壮大なこと書きますが、僕の夢は編集者になることです。

最初は、ただ漠然と「私服で働けるのっていいよな~」とか「編集者って響き自体かっこよくね?」って感じでしたが、前期に他の団体で初めてフリーペーパーという形ではありますが、雑誌を制作してみて、漠然としていた想いが確信に変わりました。

 

整然としない世の中に、整然とした形で世の中を切り取って発信できることは素晴らしい。

これはコールドプレイのクリスが雑誌のインタビューで言っていた言葉です。

彼らの場合は音楽ですが、この言葉は雑誌にも通ずるものだと思います。

僕もフリーペーパーを制作しているときに、この言葉の意味を実感しました。

Seelでもこの言葉を頭において、雑誌として整然とした形で情報を発信していきたいですね。

 

2月からは本制作が始まります。

Seelのメンバーは、見た目こそチャラチャラしてるように見えますが(失礼)、実は熱い想いを持って活動している人ばかりです。

そんなメンバーと憧れであったカルチャー誌を作れるのが今から楽しみです。

 

夜勤明けで眠いので、ここらへんで終わります。

次はみやし!